2007年02月19日

スイング中の頭の動き 〜上下編〜

以前の記事では、頭の左右の動きについて書きましたが、今日は上下の動きについて考えてみたいと思います。
お手元に、プロの連続写真 を用意して下さいね。



「スイング中は前傾角度を維持しなくてはならない。」というのはゴルフのセオリーですが、その為には頭の上下の動きも重要になってきます。

ダフリなどで悩んでいる人のスイングを見ると、アドレスの時の前傾角度よりもインパクトの時の方が前傾がきつくなってしまうことが原因になっている場合があります。

トップで伸び上がって沈み込みながらインパクトをしてしまうと、頭はトップでは上がって、インパクでは下がる動きをしていますが、これでは前傾角度を正しくキープすることはできません。

アニカ・ソレンスタムの連続写真 を見て頂きたいのですが、スイング中の頭の高さが保たれているのが分かりますよね。

頭とボールの距離を変えない為には、ボールと「あご」の距離感を変えないようにすることが大切です。

スイング中に、グリップエンドなどで「あご」を押さえてもらうことで、前傾角度を保つ感覚を身に付けることができると思います。


Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字