2006年06月12日

雨の日の対処法(1) 〜ダフり防止〜

関東地方でも梅雨入りしましたね。
何回かに分けて、「雨の日のゴルフ」について考えてみます。



まず雨の日に注意する事は、絶対に「ダフらない」様にする事です。

普段の日よりも地面が緩くなっていますから、少しのダフリも大きなミスにつながってしまいます。

以前に「ダフり防止」の記事でも書きましたが、絶対にダフりたくない状況では普段よりも「左足体重でボールを右に置く」ことが必要です。

ボール1個分かそれ以上右にボールを置く事で、ダフり辛くなり低くて強い球が出るようになります。

雨の日には下が湿っていてボールも止まりやすくなっていますから、高い球を打つ必要はありません。

そう考えても、雨の日には「ボールを右目に置いて低い球」を打ったほうがダフり辛くなりますし、ランも出てピンに寄っていきやすくなりるのです。



Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字