2006年08月09日

片足素振りドリル

スイング中の体重移動は必要ですが、必要以上の動きはスエーにつながります。
そんなときにお薦めの、練習方法を紹介します。



それは、右足・左足それぞれ片足でアドレスを取り、素振りをするドリルです。

右足だけで立って素振りをする際には、バックスイングでの体重移動を意識します。 バックスイングのときに右足一本で立っていられないようでは、体重以上が必要以上に行われている可能性があります。 右足一本で立ち続けることができれば、バランスの良いバックスイングを身に付けることができます。

左足だけで立って素振りをする際には、インパクトからフィニッシュまでのバランスを意識します。 フィニッシュで左足一本で立てないようではバランスの悪い証拠です。

左右それぞれの足で立って素振りをすることで、バランスの良いスイングが身に付けることができるはずです。


Comments(4)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by kunatyan   2006年08月09日 20:38
片足素振り
意味がはっきりしないのですが、右足素振りはフィニッシュまで右足に乗って、左足素振りはフィニッシュまで左足に乗って、振るという事ですか。
kunatyanさん

こんにちは。
僕がここで書いたのは、片足で立ってフィニッシュまで振るドリルです。
右足一本で立って振るときには、右足の裏がめくれないようにする事で、正しいトップのバランスが、左足一本で立って素振りするときは、フィニッシュで左足の裏がめくれないようにする事で、フィニッシュのバランスが良くなると思います。

また応用編としては、バックスイングは右足一本で立って、切り返しからは左足一本で立つ素振りも有効かと思います。
3. Posted by mkworks   2006年08月11日 23:02
5 こんばんは はじめまして ぼくは、この片足素振りは、すごく有効でした。実は、ぼくは脳梗塞で右足が不自由ですがそのためアドレスからインパクトのイメージを持ち、左足にずっと体重かけてます。それから、腕を振ることがよくわかり、安定した振りが鈍感な私でも意識が集中できるためか、よくわかります。健康時より方向もよくなりました。
mkworksさん
はじめまして。
腕を振るということはとても大切ですからね。
その感覚がつかめると方向性も良くなりますよね。
また遊びに来てくださいね。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字