2006年08月21日

バンカーショットのクラブ選択

15ヤードのバンカーショット。
クラブは、迷わずにSwを選択しますか!?



バンカーショットは、全てSwでという方も多いでしょうが、状況によってクラブを変えてあげることで、ピンに寄る確率が高くなります。

まずは、ボールが左足上がりか左足下りか、どのようなライかを確かめます。

左足が上がっていると、たとえば56度のサンドで構えてもロフトが60度以上になってしまいますし、左足が下がっていればロフトは50度くらいになってしまいます。 そう考えると、距離のある左足上がりのバンカーショットはSwを使うのではなくAwを使ってあげた方が簡単でしょうし、逆にやや距離のあるバンカーショットでも左足下がりがきつい場合はSwを使ってあげた方がよいでしょう。

またボールのライだけではなく、グリーンが受けているのかどうかも確認してあげる必要があります。

強烈に受けているグリーンに向けてSwでバンカーショットをすると大きくショートするミスが出やすいですし、距離があっても受けてないグリーンに打つときにはSwを使ってあげないとボールが止まりません。

ナイスショットのために、アドレスだけでなくクラブ選択も重要になってくるのですね。


Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字