2007年02月20日

グリッププレッシャー 〜グリップの強さ〜

グリップの強さに関しては、「ユルユル」がいいとか「手の中に小鳥がいる感覚」でなどと、色々な意見があります。
実際のところは、どうなのでしょうか…。



答えは、「グリップの強さは自由」でいいと思います…。(笑)

グリップの強さについては、「爪の色が変わるくらい強く握る」というプロもいますし、「卵をつぶさないように」という人もいますから、どのような強さで握っても問題はないと思います。

それよりも大切なことは、「スイング中にグリップの強さを変えない」ことです。

試しに、片手でクラブを持って素振りをしてみてほしいのですが、グリップの強さは自由で構いませんから、アドレスをしてトップの位置までクラブを上げてから「グリップの強さ」を変えてみてください。

トップでアドレスよりもグリップの強さを強くしてしまうと、クラブが「プレーンの外側」に押し出されてしまい、反対にグリップの強さを弱くすると「クラブがプレーンの下」に落ちてしまうのが分かると思います。

アドレスで「ユルユル」に握っていても、ダウンスイングでグリップの強さが「強く」なってしまっては、クラブがプレーンの外側に押し出されてしまい、インパクトでクラブが正しい位置に戻ってこなくなってしまいます。

大切なことは、「アドレスのグリップの強さ」を「インパクト」でも保つことなのです。


Comments(6)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by marinmo   2007年02月20日 09:27
いつも興味深く読ませていただいています。
私は「インパクトで緩む」とよく言われます。
先日、握力を測ったところあまり握力が無いことが判明しました。
握力と緩み、グリップの強さ
関係あるのでしょうか?
marinmoさん

こんにちは。
ゴルフには握力は、それほど必要ないと思います。
「インパクトで緩む」とは「グリップが緩む」ということではなく、「スイングが加速しながらインパクトを迎えていない」という意味だと思います。
ボールに当てることを意識しすぎると、インパクトで止めてしまうようなスイングになってしまいます。
フィニッシュまでしっかりと振り切るスイングを心がけてみてはいかがでしょうか!?
3. Posted by タカ   2007年02月20日 10:10
いつも読ませて頂いております。私はグリップをインパクトで強く握るくせがあり、ひっかけのミスが多いです。ただグリップを強く握ってしまう事で、飛距離だけはでます。もし、飛距離不足やスライスで悩んでいらっしゃる人がいらっしゃいましたら、インパクトで強く握ることをして下さい。ただし安定感は無くなります。
タカさん

こんにちは。
おっしゃる通り、インパクトで強く握ってしまうと、引っ掛けのミスが出やすいですよね。
ドライバーなどの捕まりにくいクラブでは大きなミスは出にくいですが、ショートアイアンなどは引っ掛けの致命的なミスが出てしまいますよね。
5. Posted by タカ   2007年02月21日 08:15
有難うございます。グリップは大切だと常々考えています。レッスンに行ってもまず、グリップを見る人が多いですが、グリッププレッシャーまでは、あまり指導しませんね。私はこちらも凄く大切だと思います。球筋を低く押さえたい時は、比較的に強く握ったり、ロブなどの時は、ゆるゆるに握ったり。楽しみにしていますので、これからも上達のヒントを沢山下さい。宜しくお願い致します。
6. Posted by marinmo   2007年02月26日 14:27
ありがとうございます。
握力はあまり関係ないのですね。

私は確かに当てにいく傾向があるようです。
フィニッシュまでしっかり体で振りぬくように気をつけてみます。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字