2007年03月12日

ターフ跡でスイングチェック

ゴルフでは、競技中に同伴競技者にスイングをチェックしてもらったりアドバイスを受けることは禁止されています。
そこでラウンド中に自分のスイングをチェックできるもの、それが「ターフ跡」なのです。



ボールを打った後の、「ターフ跡」をしっかりと確認してみてください。

目標に対して右向きの跡ならば軌道は「インサイド・アウト」ですし、左向きなら「アウトサイド・イン」になります。

また、ターフ跡が「真っ直ぐ」取れていても、ボールが真っ直ぐ飛ばない場合があります。

そのような時は、ターフの「入り口」と「出口」がどちらを向いているかを確認して下さい。

右を向いていればフェイスが開いていますし、左を向いていればフェイスがかぶっている証拠です。

ターフ跡からは、スイングの「軌道」と「フェイスの向き」を確認することができるのです。


Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字