2007年04月16日

オンプレーンスイングとは!? (1)

何回かに分けて、オンプレーンスイングについて考えてみたいと思います。
まず最初は、「オンプレーンスイング」とは何かを考えて見ます。



そもそも、オンプレーンスイングとはどのようなものなのでしょうか!?

アマチュアの方には、トップの位置や形などを気にする方が多いですが、オンプレーンスイングを身に付ければ、どの番手でも同じトップの高さから打つことができるのでしょうか。

オンプレーンスイングとは簡単に言うと、「アドレスでのクラブのライ角をなぞるようにスイングする」ことと言えます。

アドレスで構えたクラブの角度とインパクトでの角度が同じになることが究極のオンプレーンスイングですが、クラブの番手が変わればライ角も変わりますから、プレーンの角度も変わってきてしまいます。

そう考えると、ドライバーとショートアイアンではクラブは同じ動きをしませんから、全ての番手で同じトップの位置を意識したりするのは無意味になってしまいます。

また、練習場では上手く打てるのにコースではなかなか実力を発揮できないという人も多いと思います。

練習場のような平らなところから打つ6Iのショットと、つま先上がりとつま先下がりではプレーンも変わりますから、スイングも変わってきて当然です。

ちょっと長くなるので、続きはまた次回に…。


Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字