2007年04月26日

オンプレーンスイングとは!?(3) 〜グリップはボールを指す〜

プレーンは番手によって変わるし、同じ番手でもライによって変わる。
そうすると、何を基準にすればプレーンに沿って振ることができるのでしょうか!?



コースに出てから、練習場と同じようなトップの位置を意識したりするのはナンセンスです。

それは前々回前回にも書いたように、プレーンとは番手やライによって変わりますから、練習場と同じ状況はラウンド中に滅多にありません。

そう考えると、コースで練習場と同じ体の動きを求めすぎると、却ってミスの原因になってしまいます。

そこで大切になるのが、クラブをプレーンに対して正しく動かしてあげることです。

以前に書いた「グリップエンドをボールに向ける」という感覚を持つことで、どんな番手やライでもクラブをプレーンに沿って動かしやすくなります。

ゴルフとは、体の動きに囚われすぎるのではなく、いかにライに対してクラブを動かすかなのです。


Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字