2009年07月07日

スコアのつけ方

前回の記事でも書きましたが、上達のためには自分のプレー内容を正確に把握する必要があります。
スコアカードにパット数を書いている人は見かけますが、それ以外に工夫をしてプレー内容を記録している方はいらっしゃいますか?



プロの場合は、スコアカードは提出してしまうので、ヤーデージブックに色々と記入することになります。

本人が書くというよりはキャディが書くのですが、ポピュラーなのは「残りの距離」と「使った番手」を記録するやり方です。

目的としては、次回ラウンドのために今回の使用番手を記録することがメインなのですが、これが意外と自分の弱点を発見するのにも役に立ちます。

ショートアイアンで左に引っ掛ける傾向がある、ミドルアイアンでショートすることが多い、などなど。

自分の弱点を見つけられないと正しい練習ができませんので、記録をとることは非常に役立ちます。

また、アマチュアの方に多いのが、自分の番手の距離を分かっていなくて、 距離のジャッジミスを繰り返している場合です。 7番で160ヤード飛ぶと思ってプレーしていたものの、記録をつけることで毎回10ヤードショートしていた事に気づくことができます。 この場合、もちろん距離が出るような練習をすることも必要ですが、まずは現状の自分の距離を知って、使うクラブの番手を変えることが上達への近道になると思います。

非常に単純な作業ですが、自分の弱点を知るために、記録をつけることをお薦めします。

また、みなさんで、おもしろいスコアのつけ方をしている方がいらっしゃいましたら、是非ともコメントで教えて下さい!!


Comments(3)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by taiga_k2   2009年07月08日 00:10
復活しているということで遅ればせながらコメントさせて頂きます。
OB(OB)、バンカー(B)、池(W)とか、フェアウェイキープはホールナンバーにマルを打つといった記入をしています。一応、統計が取れますし最近ならコースのロケーションがネットで見られますからそれと照合しながら弱点をあぶりだすことも出来ますよ。
タイミングを見計らってスロープレーにならない程度でした方がいいですね。
2. Posted by つる尾嶋   2009年07月18日 13:10
お返事が送れて、すみません。
そうですよね、確かにスコアを付けることに夢中になると、スロープレーになりがちなので、そこは注意ですね。
3. Posted by サンダーソニア   2009年07月26日 10:57
初めまして☆
研修生の『ゴルフ・カウンセリング』というタイトルに惹かれて遊びに来ました!
確かに細かくスコアやラウンドの様子をメモしておくのは自分のプレーと向き合うことになりますよね。
上手くなるにはまず自己分析からといったとこでしょうか!

私はゴルフを始めたばかりでラウンドも2回しか行ったことがなく、練習にショートコースなどにも行くのですが、スコアを書くほどのレベルじゃないので、スコアなんて書いていませんでした。
でも、うまくなりたいので、これからは初心者だろうと下手だろうといろいろとメモってみたいと思います。

なんかすごく勉強になるのでこれからもちょくちょくお邪魔させて頂きます(^^)/

応援クリックしていきます♪

コメントする

名前
URL
 
  絵文字